専門学校へ

首の整体

整体師は、骨盤や背骨の歪みによって起こる腰痛や肩こり、背中の痛み等を手技によって文字通り体を整え症状を改善する職業です。 整体師は、現在高齢化社会が進行する我が国にとって需要が高く、さらに将来は介護との連携も考えられることから、今後ますます必要とされる職業と予想されています。 整体師になるために必要な資格は、特にないとされていますが、かといって何の知識や技術も無しではスタートラインにさえ立つことができないのは当然です。 そこでまずは、整体の専門学校で知識や技術を習得することが、この道の始めの一歩となります。 専門学校では、運動生理学や解剖学といった人間の体の構造について学び、また実習で整体の療術の技術を習得します。 なお、専門学校は全日制が主となっていますが、仕事を持つ方のために夜間部や土日に集中講義するコースを設けているところもあることから、選択の幅が広がっています。

整体の専門学校の多くは、学校を修了すると整体師の民間資格を得ることができます。 先にもあげた通り、整体師には資格は必ずしも必要とされていませんが、民間とはいえ資格があることで基本的な知識と技術を修得したという証になるのです。 そのため、こうした資格があることで就職が有利になると言われています。 学校を卒業後は、ほとんどが整体院に就職します。 しかしまだこの時点では見習いで、そこから先輩たちの技術を見て学んでいかなければならないのです。 こうして実力をつけたら、いよいよ独立して開業することが可能となります。 開業が最終目標という方が多いですが、成功するためには技術の他経営のノウハウや人脈作ること等も必要なため、こうしたことも仕事を続ける中で学ばなければならないでしょう。