医師のサポート

授業風景

医師の仕事とは、患者の病気の診察のほかにカルテの記入や診断書の記入など事務作業がありました。 医師の仕事を削減することで、医師は患者の診察に専念することができるのです。 この医師事務作業補助者とは、この医師の事務作業を医師に変わって担当する人のことをいいます。 医師の指示に従ってカルテ代行入力、診断書の作成、学会の資料の準備などが主な業務となります。 2008年に厚生労働省は、医師事務作業補助の配置を診療報酬請求の対象としたのです。それにより、対応する医療機関も増えてきたのです。 医師事務作業補助者のことを認定医師秘書ともいいます。 この医師事務作業補助者になるには、教育機関の定める訓練を受けている者、医療機関に半年以上の実務経験を有する者など、教育機関に認定された者が受験することができます。

医師事務作業補助になるには、医療機関に半年以上実務経験がある者とあります。それ以外の方法では、教育機関の定めたガイドラインに従った教材で勉強し修了すれば受験資格を与えられます。 医師事務作業補助の受験資格が得るための学校や通信教育などがあります。 学校に通学する場合は、3か月間通うことになります。また、通信教育は約半年間の勉強期間となります。 資格試験は年6回行われます。試験内容は、医師事務作業補助の基礎知識と医療文書作成となります。 受験者の中には、学生や主婦など女性が多く受験しています。 この学校や通信教育を修了し、資格試験に合格した医師事務作業補助者がたくさん活躍しているのです。 これからの女性が活躍することができる新しい職種なのです。