医療の事務補助

重ねた本

医師の過剰労働が問題となる事も多い昨今、注目が高まっているのが医師事務作業補助という職業です。メディカルクラークなどと呼ばれる事も多い職業ですが、その名の通り医師の事務作業の補助を行うという職業となります。これまで医師は、患者の診察からカルテへの記入など、事務作業も全て一人で行っているというのが一般的でした。しかし医師の作業負担が多すぎて過剰労働となってしまうケースが増えていたのです。そこで、医師のカルテへの記入などの負担を減らす為に注目されているのが医師事務作業補助という職業なのです。医師事務作業補助は国家資格などの必須資格が存在しないため、未経験からでも目指せるのが特徴的です。民間資格は存在するため、この仕事を目指す為にはまずは民間資格の取得から始めてみるといいでしょう。

医師事務作業補助の資格は民間資格であることから、独学でも目指す事が出来る資格の一つでしょう。しかし、より確実に合格を目指すなら専門学校や通信制のスクールを選択した方が賢いと言えます。3ヶ月程度のカリキュラムが多い事から、長期間通う必要も無く短期集中で勉強出来るというのもポイントでしょう。さらに、通学が必要の無い通信制のスクールであれば主婦などでも資格取得を目指す事が出来ます。子育て中に資格を取得し、医師事務作業補助として仕事復帰を目指す事も可能です。医療系の予備知識が必要となることがないので、比較的主婦などにも目指しやすい資格と言えるでしょう。また、スクールによっては主婦や学生は受講料の割引が適用される場合もあります。スクールによって費用が異なるため、まずはネットなどで確認してみるといいでしょう。